暮らしと災害対策

お金はCURRENCY(流れ)であり、循環さることで永遠崩壊しない経済圏を作る

暮らしと災害対策
スポンサーリンク

国民への毎月の一律給付金が必要なわけ。それこそが、崩壊しない経済圏を確立する方法

ここ最近は、二度目の緊急事態宣言中ということもあり、二度目の一律給付金があるのかということがSNS上で話題になっているようです。

また、緊急事態宣言が出ている都道府県でなく、このコロナによる経済への影響は全国に及んでいるのにも関わらず、政府からの補償金がもらえるのは緊急事態宣言の出された都道府県に限っています。

ですから余計に、国民の不満が高まり二度目の一律給付金が必要がという声が上がっているのでしょう。

このような状況になると、以前から話題にしているベーシックインカムのような、どのような状況下にあろうとも人が最低限生活することができるお金が必要になってくるのではないか、と思いませんか。

このコロナ感染症にしても、ある種の災害であり、だれも望んでそのような状況にいるわけではないですし、実際に病気になってしまったら働きたくても働けない。そして感染拡大を防ぐための時短営業や休業要請ではお店の収入がなくなり、最終的には従業員の削減へと繋がっていく。

そんな中で、店舗だけに補助金が出たとしても、この影響で解雇された人や、この状況の故にいつまでも仕事を見つけられない人は、一切の補助がないことはおかしな状況です。

政府とというのは、国民のための機関であるべきで、資本主義のための企業のために存在するのではありません。

多くの人は気づき始めていますが、国民に一律で給付金を配った方が、全体の経済の底上げにつながります。このまま、会社だけに補助金を配り続けても、国民に使うお金がなければ、緊急事態宣言が解除された後に、国民は使うお金がなく消費がなく、店舗にも補助金がなくなり、全部共倒れになるのが目に浮かびます。そして、最終的に生き残るのは大起業とコロナ関連で成功したマスク・消毒・アクリル板・医療関連企業だけになるのでしょうか。

政府は、何のために存在するのでしょう。

政府は行政を使い、国民から多額の税金を徴収して自分たちの給料やボーナスの確保はするけれど、その国民から税金の徴収ができなければ、国民に対して何の助けもしない機関のように見えますね。

時代劇を見ているような感覚です。農民から多くを取り上げ、農民がどんなに貧しくても搾れるだけ搾り取る。。。というような、極悪人の支配する世界ではないですか。そんな中、美味しい思いをすることができるのはお殿様に賄賂を送ることができる商人だけ。。。

以前、もし今後一律給付のようなお金の配布があるとしたら、期限付きの商品券(QUOカードのような電子マネー)での配布が望ましいことをお伝えしました。

今後もし、また国民に一律10万円の支給が行われた際に取るべき行動

お金に困っている国民が、何にお金を使うかをしっかり把握することができるからです。

給付金を10万円もらっても、その金額のほとんどが税金の支払いに消えていくのなら、10万円では生活の足しになっていません。10万円のうち8万円が家賃に使われても、残りの2万円で水道光熱費を支払ったら食費に使うお金がありません。

いま、お金の必要な人は今月の家賃や、今月の食費に使うお金が必要であり、それが毎月続くのです。

求人にしても、この時代だから人は仕事を無くし、以前よりも仕事を必要としている人が多くいるので月給13万円と出している会社も多くあります。それこそ一番卑怯なやり方ですね。生活ができないほどの安月給でも、人はお金を稼がなければ生きていきないのですから、時給はどんどん下がり続けているのです。

とても怖い社会です。苦しい人の状況を逆手にとって、給料もどんどん下げていく。しかし、労働者にとって家賃が変わるわけでもなく、水道光熱費の金額が変わるわけでもなく、国民がどんどん苦しい状況に追いやられて行っているのです。

いま、自分に家があるからそれでいい、ということではなく、いつそれが「明日は我が身」になるかもしれないということを考えて、だれもが普通に生活できるような国をつくるのが政治の役目ではないのでしょうか。

そこで、以前から話題に上がっているベーシックインカムを取り入れてもらいたいと思います。こんな時期ですから、とりあえずトライアルとして6か月でも1年でも、一律の給付金を毎月支給してみるべきではないでしょうか。

それは以前から言っているように、支給されるお金は「期限付き」がベストだと思います。そうしなければ、預金されてしまい、お金が回りません。

今の社会にとってお金とは、人間の体の血液と同じ役割をしている、と考えることができます。

人間の体は、心臓がポンプ役として血液を押し出し、体内を循環しています。そして、それは常に一定量保たれていて人は健全に生きています。しかし、もし、血液がどこかに貯まり始めると急に循環が悪くなり、脳梗塞を起こしたり、事故を起こしたりしたら、血液を失ってしまいます。ここで大事なポイントは、血液を常に一定量を回し続けることです。そして、そのポンプ役が心臓ですね。

お金も同じように考えることができます。

政府(日本銀行)が心臓の役割をして、お金を押し出し国民に循環させるのです。しかし、そのお金をもらった国民は必ず使用しなければいけません。人がそのお金を貯め始めると、急にお金の流れは細くなり、急に貧困国家になってしまいます。常に流し続けることが大切であり、もし与えられたお金を月末までに使わないのであれば、その金額は期限切れで心臓(日銀)に戻り、翌月(要するに次の日)にまた一定金額支給される。というように、体内に血液の量を一定量流し続けることを保つ必要があります。人々は、その給付されたお金を使って支払いをして、支払われた側もすぐにその金を使うのであれば血液(お金)の流れは速くなるけれど、その量が減ることもなければ増えることもなく、一定量を保ちつづけ、経済は永遠と崩壊することはありません。

もし、国民一人一人への給付金が月に10万円なら、(1億2333万4千人x10万円)分が確実に毎月回ることになり、その1億2333万4千人が入ってきたお金を、すぐにまた使うのなら経済の流れはよりスムーズになります。

また、一人一人への給付金が月に30万円なら、経済効果は上記の3倍(1億2333万4千人x30万円)分が確実に毎月回ることになり、日本国内だけで大きな経済圏をつくることができます。

令和3年1月1日時点での日本の人口は1億2333万4千人 (総務省統計局より)

今までの経済というのは、税金という形で人々から搾取して回す政府を築いてきましたが、その発想そのものを変え、人々にお金を押し出す政府をつくりだすなら、押し出した金額分の巨大な経済圏を作り出すことが可能になります。

人間の体の仕組みも、この封鎖空間の仕組みも、水槽の中の水の仕組みも、経済の仕組みも同じです。すべて循環するようにできているのですから、貯め込まず、常に流し続ければ世の中誰も困ることなく経済が回りつづけるのです。

お金は流れ続けるのものだから、CURRENCY(流れ)と呼びます。

経済を一番だめにしている原因は、貯め込む人間です。そのような状況をつくらないために、ベーシックインカムでは、月末までに使い切らなければ、残った金額は巨大プールに戻り、月初にまた通常支給額が与えられるというようにしたらよいでしょう。

働かなる人が・・・?少しはいるかもしれませんが、人間は誰もが食べなくては生きてはいけないのです。このような制度にするなら、一日8時間ではなく、3時間労働も可能になるかもしれませんね。

また、人間は何かしなくては生きていけないのですから、毎日何もせずに過ごせません。人と交流したいと思うだろうし、自分の興味のあることをしたいと思うのです。(案外、社会のプレッシャーによる鬱の人がいなくなるかもしれませんね!)

そのような心配をしているより、災害にあっても、病気になっても、不慮の事故にあっても、サポートのある社会を築くことをするべきであり、そのようなサポートのある社会なら残念な犯罪もなくなるだろうし、世の中はもっと健全になるのです。

政府の貪欲により、お金を渋って、(1億2333万4千人x7万円)というベーシックインカムにするなら、それだけの小さい経済圏にしかなりませんが、(1億2333万4千人x49万円)分のベーシックインカムにするなら、7万円の7倍の経済圏をつくることも可能になるのです。

渋ることばかり考え、人から搾取することばかり考えていれば、経済はいつまでも小さいままですが、より多く与えることを考えれば、巨大な経済圏をつくることもできるということを認識していただきたいと思いました。

与えるなら、もっと多くが返ってくる、ということわざ通りの社会が可能になるのです。

そのような経済圏をつくるなら、いわゆる資産と呼ばれる車・洗濯機・冷蔵庫のような一般家庭にある高額な物もサブスクリプションのような形にすれば、企業にとって永遠と回り続けるのではないですか。

このような形でお金と経済を回すなら、月々の支給金額の設定額は、人々の生活に必要な金額と欲望の金額の上に収まるのときがくるでしょう。

今のままでは、人々の生活に必要のないものまで詐欺まがいの販売で売らせている実態もありますので、そのような犯罪まがいの商売を省いていくためにも、また環境に良くないものも利益のために売られていますが、そのような物が消滅していくためにも、今の資本主義モデルから変えていかなければ、今後もっとひどいだまし合いや詐欺のような商売が継続することになるでしょう。

一度世の中の社会の在り方、経済のあり方を大きく変えなければいけない時に来ていると思います。

タイトルとURLをコピーしました