健康

生理前のイライラがひどい、なんとかしたい女性におすすめの改善方法

健康
スポンサーリンク

生理前のイライラをなんとかしたい。旦那さんや子供に当たりたくない方も、原因が分かれば改善できます。

生理前のイライラがひどく、家族に当たってしまったり、会社を休まなければならなかったり、なんとかしたい!と思われている女性は大勢います。

そこで、今まで自分ではコントロールできなかったイライラの原因が分かれば、解決方法を見つけることは簡単ですね。

そんな生理前の緊急時、次のような錠剤「生理痛のイライラ用の薬」を摂取することも出来ます。

しかし、この記事では、薬を飲んだその日だけイライラを収めるのではなく、長期的に生理前のイライラを無くす方法をご紹介します。

この記事は
・生理前のイライラの原因
・イライラの解消方法・改善方法
について書いています。
スポンサーリンク

生理前のイライラがひどい原因は、ビタミンB6の不足?

生理前のイライラの原因は、体の中のビタミンB6の欠陥が原因であるといわれています。なぜなら、女性は生理前の排卵期になると血中ビタミンB6濃度が著しく低下することがわかっています。

これは排卵期に放出されるエストロゲンと言う女性ホルモンがアミノ酸代謝を促進させるため、ビタミンB6が大量に消費されることが原因とされます。

実際イライラや吐き気、頭痛やだるさなどを伴う月経前症候群(PMS)患者にビタミンB6を投与すると、症状が軽減したという事例も報告されています。

また、つわりの原因のひとつとしてもビタミンB6不足が指摘されていて、これもアミノ酸代謝の異常によるところが大きいとされ、症状改善へのビタミンB6投与の有効性が報告されています。

スポンサーリンク

ビタミンB6の効果とは? 一日に必要なビタミンB6の摂取量は?

ビタミンB6の効果

ビタミンB6は、水溶性ビタミンの一つで一般的には皮膚炎を予防するビタミンとしても知られています。

生体内ではアミノ酸の代謝や神経伝達に用いられ、不足すると痙攣やてんかん発作、貧血などの症状を生じます。

また、抗生物質などを使用すると、体内のビタミンB6の成分が低下します。

一日に必要なビタミンB6の摂取量

女性は、生理前になるとビタミンB6が低下するということですが、一日に必要なビタミンB6の摂取量はどのくらいでしょうか。

厚生労働省の食事摂取基準(2020年版)によると、ビタミンB6の推奨摂取量は次の様に示されています。

厚生労働省の日本人の推奨摂取量:2㎎/日
サプリメントの推奨摂取量:40㎎から100㎎/日

厚生労働省のビタミンB6の摂取の研究結果によると、一日に100㎎から300㎎を摂取しても過剰摂取による問題点は見当たらないようです。

資料引用:厚生労働省の日本人の食事摂取基準(2020年版)

ビタミンB6が欠乏すると現れる身体の異常

ビタミンB6が欠乏すると、ペラグラ、脂漏性皮膚炎、舌炎、口角症、リンパ球減少症などが起こります。

成人では希に、うつ状態、錯乱、脳波異常、痙攣発作なども発生します。

また、ホモシステインの代謝が十分に行われず高ホモシステイン血症を呈し、痴呆症との関連性が指摘されています。

では次に、生理前のイライラを改善するためのビタミンB6を多く含む食べ物をご紹介します。

スポンサーリンク

生理前のイライラをなんとかしたい:改善するための方法

ビタミンB6を食べ物から摂取する方法

ここでは、ビタミンB6を多く含む食べ物ランキングをご紹介します。

ランキング 分類 食品名 成分量(100g当たり㎎)
1 野菜類 とうがらし(乾) 3.81
2 穀類 米:米ぬか 3.27
3 調味料・香辛料 ガーリックパウダー 2.32
4 野菜類 にんにく:りく茎 1.80
5 調味料・香辛料 バジル粉 1.75
6 調味料・香辛料 パセリ(乾) 1.47
7 穀類 小麦はいが 1.24
8 種実類 ピスタチオ・いり 1.22
9 イモ類 こんにゃく 1.20
10 種実類 ひまわり・フライ 1.18
11 野菜類 カブ・漬物 1.10
12 魚介類 マグロ・赤身 1.08
13 果実類 バナナ(乾) 1.04
14 調味料・香辛料 しょうが(粉) 1.03
15 イモ類 ジャガイモ(乾) 1.01

生理前には、ピスタチオやバナナチップなどを間食として備えて置いたり、食事にはマグロのお刺身やお寿司を用意すると十分なビタミンB6が食事から摂取できるでしょう。

ビタミンB6をサプリメントから摂取する方法

食事からビタミンB6を摂取することが難しい場合は、サプリメントからの摂取がおすすめです。

ビタミンB6を摂取すれば生理前のイライラの解消もされますが、ビタミンB6には皮膚の再生を促進する要素がある成分ですので、肌の健康維持のためにも効果的です。

そこで、しみ・そばかす用として売られているホワイピュアの様なサプリにも、ビタミンB6が12㎎含まれています。

ビタミンB6だけを個別のサプリで摂取するのも良いですが、他の問題点も同時に改善できるホワイピュアを摂取ることで、生理痛の改善を見てもいいかもしれません。

生理痛にも効き、老化防止にも、皮膚の再生にも役立つビタミンB6は女性にとって必要な成分ですね。一石二鳥ではなく、一石三鳥ほど得のあるホワイピュアを試してみるのは、おすすめです!

今あるシミ・そばかすを消す方法がすごい!黒色メラニンの発生を防ぐ
年齢を重ねるごとに、顔のシミやそばかすが気になり始め目立ってきます。化粧をしてごまかす事も出来ますが、できればスッピンでも自信が持てる肌になりたい!と思われている方は多いはず!この記事では、今あるシミやそばかすを消す方法をご紹介します!
スポンサーリンク

生理前のイライラがひどい、なんとかしたい女性におすすめの改善方法のまとめ

この記事では、生理前のイライラはビタミンB6の不足が原因であることを説明しました。

ビタミンB6は、水溶性のビタミンであるため、身体が必要分だけ摂取した後には、過剰分は排出されてしまいます。

日々の生活から、厚生労働省の推奨するビタミンB6の必要量は摂取できるかもしれませんが、食事からは多くの成分の摂取が難しいため、サプリメントからの摂取が好ましいと思います。

また、ビタミンB6というのは、肌の再生にも効果のある成分ですので、ホワイピュアの様にビタミンB6を含む医薬部外品を摂取することも良いかもしれませんね。

生理痛ひどい中学生から更年期の方へ:対処法は食べ物で改善できる!
生理痛は、中学生から更年期まで幅広い年齢層の方が悩まれていますが、生理痛がひどいと動くのもつらい。痛み止め薬を試したけれど、毎月薬に頼る生活はしたくない。そこでこの記事では、生理痛の原因を解明し日々の食生活から解決できる対処法をご紹介します。
ビタミンB2を多く含む食べ物のランキング・一日に必要な摂取量は?
口内炎にはビタミンB2が効く、と聞いたことはありませんか?ここでは、ビタミンB2の効果・効能と、ビタミンB2が不足すると現れる症状についてご説明します。また、ビタミンB2を多く含む食べ物ランキングと、一日に必要な推奨摂取量をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました