暮らしと災害対策

食品ロスの現状と、残った食物を無駄にしない食品ロス対策は環境対策

暮らしと災害対策
スポンサーリンク

日本の食品ロスの現状と、食べきれない食事の食品ロス対策は地球にやさしいサステイナブルの政策。

最近は、食品ロス・フードロスを減らそう事が話題になることが多くなりましたが、日本では実際にどのくらいの食品が捨てられているのかご存じですか?

ここでは、食べられるのに捨てられる食品ロスの日本の現状と、世界の食品ロスの現状をご紹介します。

そして、食品ロスが減る為の対策を一緒に考えていきましょう。

この記事は
・食品ロスの現状(日本と世界)
・食品ロスの対策
について書いています。
スポンサーリンク

食品ロスの現状

日本の食品ロスの現状


「食品ロス」とは、本来食べられるのに捨てられてしまう食品をいいます。

農林水産省の平成29年度の報告によると、日本の食品廃棄物等は年間2,550万tで、その中で本来食べられるのに捨てられる食品「食品ロス」の量は年間612万tになっています。

612万トンはどのくらいの量なのか、想像することは難しいですね。

それは、日本人1人当たりの食品ロス量は1年で約48kgになります。これは、日本人1人当たりが毎日お茶碗一杯分のご飯を捨てているのと同じ量になるようです。

食品ロスは大きく分けると下記2つに分けることが出来ます。

1.事業活動を伴って発生する食品ロス・・「事業系食品ロス」
2.各家庭から発生する食品ロス・・・・・「家庭系食品ロス」

食品ロス612万tの内訳:
① 事業系食品ロスは328万t
② 家庭系食品ロスは284万t

また、事業系の食品ロスは更に4業種に分類することができます。

食品製造業・・121万t
食品卸売業・・16万t
食品小売業・・64万t
外食産業・・・127万t

世界の食品ロスの現状

国連食糧農業機関の報告によると、年間13億トンの食品ロスが世界で起きています。

これは世界の食料生産の3分の1の量になり、カロリー計算では4分の1の量になります。

(一方、世界の食糧不足による栄養不足は8億500万人の人がいるようです。世界人口の9人に1人です。)

世界での一人当たりの食品ロスの量は、開発途上国より先進工業国の方が食品ロスの量は多いようです。

消費者一人当たりの食品廃棄量の量は、ヨーロッパや北アメリカでは年間95~115Kg です。(一人当たり、日本の約2倍の量が食品ロスとして捨てられています。)

また、サハラ以南のアフリカや、東南アジアでは、年間6~11㎏です。

スポンサーリンク

食品ロスの対策

スーパーマーケットで出来る対策

食品ロスが日本人1人当たり1年で約48kgあるのならば、私たちが家庭で食品ロスが出ないようにすることは大切ですが、食べ物を買うお店、食べるお店でも食品ロスを減らすことを意識することが大切です。

食べ物を買うお店(スーパーマーケットなど)で出来ることなど)は次の通りです。

・奥から商品をとらずに、陳列されている賞味期限の順番に買ったり、

・包装資材(段ボール)ごと買う場合に、段ボールにちょっとのキズ・汚れがあっても、中身が問題なければそのまま買ったり、

・賞味期限の近い値引き商品を買ったりすることです。

外食先で出来る対策

また、食べるお店(レストランなど)で出来ることは、

・食べきれる分量を注文して、食べ残しを出さなかったりすることです。

日本では、食べ残しは家に持ち帰らない習慣があり、食べ残しを持ち帰ることは恥ずかしいことの様な感覚がありますが、米国ではレストランでの食べ残しは持って帰ることは基本です。

また2020年になり、中国では、レストランでの食事の際にN人が食事をするなら、注文は(N-1)の量を注文するようにという事が始まりました。

みんなのちょっとした行動が食品ロスを減らすことになりますね。

食品ロスはオーガニックな肥料になる

農業をしていれば、食べない食品は畑の肥料になります。都会でも、食品ロスをコンポストとして活用すれば、公園や街路樹の肥料にすることもでますね。

そのような有効活用をすれば、化学肥料を購入する必要もなく、自然に優しいオーガニックな肥料になります。

日本の食品廃棄物等は年間2,550万tで、それらを全て土の肥料にできるなら、それこそSustainable(サステイナブル)・環境を破壊しない政策ですよね。

今は、時間がたつと土にかえる薄い袋がスーパーで使われていますが、その袋に家庭や事業で出る食品ロスを入れて収集するなら、匂いなども気にならずにコンポストサイトに収集できると思いませんか。

もちろん、草や木などのグリーンなごみと一緒にコンポストを作ることによって、コンポストはとても有効になります。

このような政策ができるなら、食品ロスを過剰に心配することもないですが、もし現状で食品ロスを焼却処理しているなら問題ですね。

世界の食品ロス対策

先進国では、多くの食品ロスがあるようですが、それらが途上国の土地の肥料になれば、栄養の無い砂漠の様な土地でも沢山の食べ物を収穫することが出来るようになります。

そして、それらは化学肥料ではないので、土地には何の悪影響もないはずですよね。

その様な有効活用ができれば、上記で説明したように世界の貧困も無くなるはずです。また、世界の貧困をなくすには、それぞれの土地で食品を生産する必要があるという認識をしなければいけません。

『食べる物があるから子供を作ることができる』という思考に変えていかなければ、『子供をたくさん作ったけど食べ物がない』という考え方では、いつまでたっても貧困のままですよね。

スポンサーリンク

食品ロスの現状と、残った食物を無駄にしない食品ロス対策は環境対策のまとめ

世界では、食品ロスを減らす対策が行われていますが、もし食品ロスが肥料に使われるなど有効利用されるなら、食品ロスは減らす必要はありませんね。

食品ロスが一切無駄になることは無く、肥料になり、土に返り、その土地を肥やすことができるからです。

物事の受け止め方しだいで、食品ロスはロス(損)ではなく、ゲイン(得)になります。

その様な有効利用をせずに、自然肥料になりえる食品ロスを焼却し、自然肥料の代わりに化学肥料を使用していれば、地球は滅んでいくことになるでしょう。

皆さんの各地域でも、食品ロスを肥料にする政策の提案をされてみてはどうですか?そうすれば、最終的にスーパーで買える食材も全てオーガニックになり、生産者にとっても消費者にとっても、みんなにとって嬉しい結果になると思いませんか?

また、食品の宅配サービスも上手に利用してみてくださいね。

>>産地直送のJA タウン 産地直送・野菜ボックスを見る!

>>オーガニック食材の食材宅配ココノミを見てみる!

参考:農林水産省

タイトルとURLをコピーしました